地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

2017.5.12「5都市の雨温図・ハイサーグラフ・年較差を比較するコンテンツ(世界編)」作りました

授業で「地理の模擬試験の過去問」を解いているとき,よく4つの都市の雨温図・ハイサーグラフ・年較差を比較させる問題がでてくる。多くは4つの都市のうち2つ以上が同じ気候で,隔海度,緯度,年較差,(標高)から,違いを見分けさせてということが多い。中国では中緯度と低緯度にあるCw気候の違いを問う問題が,生徒からすると大変わかりにくいようである。低緯度のクンミンなどは標高が高いということもあるが,緯度が回帰線...

続きを読む


2017.5.11J-SHISのシェイプファイルをMANDARAで加工する

国立研究開発法人 防災科学技術研究所のサイト「J-SHIS地震ハザードステーション」では「J-SHISからダウンロードできるデータ」というページがあり,ここでは確率論的な「地震動予測地図データ」をshapefile形式で入手できる。shapefile形式であればMANDARA,QGIS,地図太郎など汎用GISソフトでも処理できるため,地震ハザードマップを自作することもできる。高校地理では今,防災学習において有...

続きを読む


2017.5.11J-SHISの地図をGoogle Earthで見る

国立研究開発法人 防災科学技術研究所のサイトで,「J-SHIS地震ハザードステーション」というサイトがある。この中には,「J-SHISの地図をGoogle Earthで見てみよう」というページがあり,GoogleEarth形式(kml形式)の有用なコンテンツがいくつか公開されている。残念ながらそれらは,オンライン環境でないと使えないが,その環境があれば,GISビギナーでも利用可能な単純なコンテンツである。とくにブログの左...

続きを読む


2017.4.30「栗キントンさんの三角図表作成ツール」の改良版を作成

1945年生まれのITプログラマーの中村公成氏が運営するサイトで「栗キントン」というサイトがある。中村氏が作成したフリーソフトを公開するものである。その中に,エクセルで三角図表をつくるコンテンツを見つけて使ってみたが,地理の「産業別人口構成図」の作図に有用であると考えた。座標のタイトルや,目盛り,国名表示などができなかったが,中村氏に連絡をとり「改良と無償公開」をさせていただきたい旨を伝えた。早速,ご...

続きを読む


2017.4.12 esri社の「Peaks and Valleys」で各大陸の最高峰と低所をみる

esri社の「Peaks and Valleys」では,「各地大陸の最高峰と低所」を3Dの地図表示ツアーで見ることができる。操作は簡単で,まずサイトの右上にある大陸名を選択し,そのあと一番右側にあるスライドを上下に移動させるだけである。とくに最高峰の画像については,氷河が発達しているところも多く,簡単にみられる氷河地形の学習素材として使用できる。 esri社の「Peaks and Valleys」...

続きを読む


■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


まとめ