FC2ブログ

地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2-201 「100人の村」を活用する①



「世界がもし100人の村だったら」は,アメリカの環境科学者Meadows, Donella氏が1990年に書いた「State of the Village Report」という短文が,2001年前後から,インターネット上でチェーンメールのように広がりつつ,内容を変質させて誕生した短文である。日本でもその翻訳本が出版されたり,その後それに示唆を受けたドキュメンタリー番組が放映されるなど,非常に大きな反響があった。統計を武器に,富の偏在を示していくこの文章は,地理教材としても大変有用性が高いものと考える。
 しかしながら,「チェーンメールとして広がっていくうちに,統計が古くなったり,不確かな数値が使われるようになって」という誕生の経緯を考えると,高校地理への授業への活用にあたっては,注意が必要である。たとえばNPOのオアシスが公式サイトで,無償ダウンロードのサービスを提供する「動画で見る100人の村」のフラッシュ動画は,大変よくできている。私もいつか授業で生徒に見せたいと考えている。しかし,このもとになっている短文は,このメールを最初に訳したといわれる中野裕弓氏が日本語訳したものである。統計は新旧のもの,正誤が入り混じったものになっている。生徒にみせるには,統計を修正し使う必要がある。
 実は「The Global Village」という英文サイトには,2001年に「Rekha Balu, Christine Engelken & Jennifer Grosso」らが客観的な統計データによって修正を行ったものが掲載されている。
『ウィキペディア(Wikipedia)』の「世界がもし100人の村だったら」の関連記事


NPOオアシス「動画で見る100人の村」のフラッシュ動画のダウンロード
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。