地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2-200 防災科学研究所のサイトHi-netを活用する②



またこのサイトのメインページ左下からアクセスできる「VRMLによる3次元震源分布表示」のページでは,「3D震源分布」のデータのダウンロードができる。この3D地図を見るためにはさらに,そのビュアーソフトが必要になるが,そのソフトの入手情報もみられる。このブログに表示されている「3D震源分布」は,このページの一番下にある「3D震源分布の閲覧」というところからダウンロードした「2002年01月~2007年12月のデータ」を,このページで紹介されていた「Cortona VRML Client」という無料ソフトで展開した様子を示したものである。この地図は,デスクトップ画面上で向きをかえたり,拡大させたりして表示させることかできる。残念ながら画像を直接コピーすることはできないが,Winshotなどでハードコピーした画像は,日本列島の下にあるプレートの沈み込みの部分に,地震の震源が集中していることを一目瞭然に示してくれる。高校地理の教材としても大変有用な素材であると考える。
防災科学研究所のサイトHi-netのメインページ

Cortona VRML Client のダウンロード

スクリーンキャプチャーソフトWinShotのダウンロード
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。