地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2-190 NOAAの30秒メッシュ標高データ + Excel2007で断面図を作る①



 高校地理では,大地形の学習をする際に,大陸スケールの断面図を使うことが多い。こうした断面図を作る汎用性のある方法については,このブログの「2-170 HeyWhatsThat Path Profilerのサイトで,簡易断面図を作成する」でも一例を示したことがあるが,今回は,埼玉県のK先生から教えていただいたより精度の高い断面図の作成法を,自分なりにアレンジした方法を紹介していきたい。
 つまりそれは,「NOAA(米国海洋大気庁)の30秒メッシュ標高データを,Excel2007で処理して,断面図を作る方法」である。もともとK先生から教えていただいた方法は,そのデータをC言語で作ったプログラムで処理し,それをコンパイルして,というものだったが,いろいろと試しているうちに,2007年に登場した「Excel2007」を使ってデータ処理をすることで,作業を大幅にショートカットする方法があることを発見した。従来のExcelは,扱えるワークシートのサイズが65,536行,256 列であった。それがExcel2007では,1,048,576 行,16,384 列と大幅にサイズが拡大したため,そうした作業が可能になったのである。
 そこで次に,その方法で断面図を作る方法を示していきたい。
 
NOAA(米国海洋大気庁)の30秒メッシュ標高データ

Excel2007
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。