地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2-168 UNEP/GRIDサイトの北極環境地図を活用する



 以前,UNEP/GRID(国連環境計画/地球資源情報データベース)というサイトで,グローバルスケールの主題図が,閲覧,入手できることをこのブログで紹介したことがある。ただこのサイトでは,地域スケールの主題図の閲覧,入手など,インタラクティブマップの閲覧機能も充実している。例えば,このサイトの中にあるArctic Environmental Atlas(北極環境地図帳)は,有用な北極圏地域のインタラクティブマップでは,そのマップデータをJPG形式などと同じピクチャ形式のPNG形式で,容易に国別,テーマ別の入手できるページである。英文サイトではあるが,扱いは非常に簡単である。
 つまりまずこのFlash形式で動くインタラクティブマップの左上にあるメニューの「Zoom View」から地図の表示範囲を,「Theme」から地図のテーマを選択し,さらに左側にある□にチェックを入れベースマップに表示させたい情報を選択する。そして「Refresh Map」のボタンをクリックするとFlash形式のモードで主題図が表示される。この主題図を画像として,パソコンに取り込みたい場合は,さらにマップの左下にある「Print preview」をクリックし,そこで現れたウィンドウの中の主題図にマウスポインタをおいて,右クリックすればPNG形式の画像が入手できる。
 このブログにあるのは,「Zoom View」でFull viewを,「Theme」からpopulationを選択し,さらに左側にあるcitiesの□にチェックを入れ主題図を表示させたときのイメージである。

UNEP/GRIDサイトの北極環境地図
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。