FC2ブログ

地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2-132 時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップver.2.0」を活用する



 時系列地形図閲覧ソフトで「今昔マップver.2.0」という,ネットでダウンロードできるフリーソフトがある。MANDARA作者で知られる谷謙二氏(埼玉大学教育学部)が制作したソフトである。ネットに接続し「データ取得」というところからデータをダウンロードすることで,首都圏,中京圏,京阪神圏の主要地域について,明治・大正以降現在までの8~9時点の地形図を容易に閲覧できるソフトである。ダウンロードしたソフトを起動させ,その画面の「時間(Shift ↑↓)」のゲージを左から右に動かすだけで,同じエリアの,違った時点の地形図が容易に閲覧できる。
 率直にいって,まだカバー範囲が狭く,地形図の画像が粗い点が残念である。メニューの「コピー」というところで画像をクリップボードにコピーできるものの,正直いってまだプリント向きとは言えない。しかし「新旧比較をすると面白そうな地域」を探すときなどには,大変有用である。素材収集の補助的な道具として,私も今後活用していきたいと思う。

時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ2」

スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。