地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2-124 ケッペンの気候区分図の二次加工をする③



 たとえばこの二次加工で,BW気候の分布図をつくりたい場合,レイヤーは,「経緯線」「海岸線」「BW気候の分布エリア」などのデータが入ったレイヤー以外のレイヤーを非表示とする。
 ただしこのようなケースでは,レイヤーの上下の配列も工夫する必要がある。つまり「BW気候の分布エリア」のレイヤーをもっとも下位に置いて,その上に「経緯線」や「海岸線」のレイヤーを置く必要がある。そうしないと,「経緯線」「海岸線」がきちんと表示されないことがあるからである。
 また「経緯線」,「海岸線」については,「ウィンドウ」メニューの「線」を選択し,線幅を調整することで,地図全体を見やすくする必要がある。
 以上のような作業を行っていくと,このブログのようなBW気候(砂漠気候)地域の分布図の原型ができる。

ウィーン獣医学大学自然科学学科


Adobe Illustrator CS4
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。