FC2ブログ

地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2-124 ケッペンの気候区分図の二次加工をする②



 気候区分図のPDFファイルをIllustratorで開いたら,次に原図の画像データを,海岸線,経緯線,テキスト,各気候タイプの着色部分など,異なる要素を別々のレイヤーに分解していく。
 つまりまずIllustratorの「選択」メニューで「すべてを選択」したあと,マウスを右クリックし,「クリッピングマスクを解除」する。これで原図の中の様々な要素を,種別に切り取ることが可能となる。
 さらにそのあと,「ウィンドウ」メニューでレイヤーを表示の状態にし,「海岸線」,「経緯線」,「テキスト」,「自分が必要とする気候タイプの分布エリア」などのレイヤーを作成していく。そして,原図の画像からそれらの要素を個別に選択し,「編集」メニューの「切り取る」で切り取る。そしてそれを該当するレイヤーのところで,「編集メニュー」の「前面へペースト」で貼り付けていく。そのときのイメージは,このブログの画像のようなものである。
 もちろんこのとき必要でない要素は,最初のレイヤーに残るが,このレイヤーは非表示とする。
 
ウィーン獣医学大学自然科学学科


Adobe Illustrator CS4
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。