FC2ブログ

地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

2-75 立命館大学HP「バーチャル京都-過去・現在・未来への旅-」を活用した歴史地理的な教材開発①



 立命館大学HPに「バーチャル京都-過去・現在・未来への旅-」というページがある。これは立命館大学人文学部の地理学教室が,最新のGIS,VR(バーチャルリアリティ)技術を駆使して作り上げたページである。もともと文部科学省の推進21世紀COEプログラムを背景につくられたページだけあって,内容は大変面白い。
 この中に「バーチャル京都2Dマップ 」という箇所があるが,ここでは京都市内にある醸造業,商業関連の近代建築の分布がマップ上で確認できる。このマップは閲覧専用であるが,ハードコピーツールのWin Shotなどでまず閲覧ページ全体を画像として保存し,その画像からPhoto Shopで必要部分を切り取り,さらにそれをIllustratorで読み取り編集すれば,歴史地理的な教材が作成できる。

バーチャル京都-過去・現在・未来への旅-


ハードコピーソフトWinShot


AdobePhotoshop


Adobe Illustrator CS4

スポンサーサイト



■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31