FC2ブログ

地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

2-62 NASAのGISソフト「G-Projector」とIllustratorを連携させた主題図作成



 近年,リモートセンシング画像を編集した地球儀地図(Google earht,World Windのようなもの)や世界地図を活用されることも多い。自作資料の中に使われていなくても,教科書や地図帳に掲載されているそうした地図を「大地形」の説明資料として,活用したことがある先生方も多いと思う。
 ただこれまでは,それらの地図については用途が多い,世界地図の図法(地図投影法)は,地球儀タイプのものか,ミラー図法(メルカトルの改良版)のものに偏っていた。しかし,アメリカ航空宇宙局NASAのHPでは,そうしたリモートセンシング画像による世界地図について,さまざまな図法のものを自作できるGISソフト「G-Projector」の無償提供サービスを行っている。
 このブログに掲載しているのは,このソフトで私が試作した資料である。最近の「小縮尺の地図」や「地図投影法」の高校地理での扱いは,専門的な扱いをさけるようにということになっていたと思うが,こうしたGISソフトで作成されたさまざまな図法の地図と,地球儀タイプ(Google Earthタイプ)の世界地図を生徒に対比させ見せることによって,「●●図法によってゆがめられるもの」,「●●図法によって明らかになるもの」が明確になる。
 なおこのソフトによって作成した地図は,JPG,gif,png形式などだけでなく,pdf形式でも保存が可能である。とくにpdfのファイルをIllustratorで読み込んだ場合,世界地図上の経線・緯線は二次加工できるベクトルデータとして読み取りが可能である。リモートセンシングの部分は,画像形式になっているため本格的な二次加工はできない。しかし明暗や色調を調整したり,グレースケールモードに加工することは可能である。私自身まだこのソフトを使った本格的な教材はつくっていないが,Illustratorによって画像データを二次加工することによって,面白そうな教材が作れるのではないかと思う(2-17に関連記述あり)。
 

NASAのGIS無償ソフト「G.Projector」のダウンロード

Adobe Illustrator CS3


スポンサーサイト



■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31