FC2ブログ

地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

2-56 「夜の地球」衛星画像を利用した教材作成①



 米国商務省(USDOC:US Department of Commerce)の下部機関NOAA(National Oceanic and Atmospheric Administration/米国海洋庁)のHPの中に,「Online Maps and Web Services」というサービスがあり,その中に「Nighttime Lights of the World」というページがある。世界の夜の光をグローバルスケール,および任意のエリアについて閲覧できるオンラインマップのページである。ここで閲覧できる「夜の地球」は2003年の衛星画像を合成したものである。モノクロではないので,モノクロのプリント教材にするには向かない。しかし地球の光を,都市照明を白色の光,焼畑の炎を赤色の光,漁船のいさり火を水色の光,油田の光を緑色の光と,光の種類によって色を分けて表示している。そのためカラー印刷が可能な環境がある場合,エネルギー消費の地域性などについての有効な地理素材となる。
 このオンラインマップ(Interactive Map)の利用はいたって簡単,地図で範囲を指定し,その地図が表示されたところで,Win Shotなどのツールでハードコピーし,その使う部分だけをPhoto Shopなどで切り取りすればよいだけである。


Nighttime Lights of the World


スクリーンキャプチャーソフトWinShotのダウンロード
 

AdobePhotoshop

スポンサーサイト



■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31