FC2ブログ

地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

2-43 米国海洋大気庁HPの「地球表面のカラーレリーフ」を使った大地形教材の作成



NOAA(米国海洋大気庁)のHpのMarine Geology & Geophysics
というページの中に,「Surface of the Earth (ETOPO2v2) 2 minute color relief images」という「地球表面のカラーレリーフ」を閲覧するサービスがある。このレリーフはカラーでファイ形式はgif形式であるが,海底地形の部分科などが比較的鮮明であり,プレートなど大地形の学習に利用可能である。世界地図上で,自分がカラーレリーフをみたい場所を指定することもできる(http://www.ngdc.noaa.gov/mgg/image/2minrelief.html)。
 地理教育の現場では,モノクロの紙ベースの教材にすると汎用性が増すと思われるが,その場合まずPotoshopによる画像処理が必要である。つまり「イメージ→モード→グレースケール」のモード変更を行う。そして「画質調整→ライティング→明るさ・コントラスト」の調整を行い,一旦,jpg形式のファイルを保存する。そしてIllustratorで改めてそのjpg形式のファイルを読み込み,その画面上で矢印やテキストを入力してやれば,容易に教材をつくることができる。なおブログに掲載されているのは,こうした作業のイメージを図にしたものである。


地球表面のカラーレリーフ



Adobe Illustrator CS3


AdobePhotoshop
スポンサーサイト



■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31