地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

2014.11.26 NaturalEarth の鉄道・道路のshapefileを使おう

10000.jpg
NaturalEarthでは,グローバルスケールの様々なGISデータが入手可能である。とくにMANDARAで読み込むことでGoogleEarth形式のファイルにも加工できる「shapefile」が,容易に入手できる。データの精度によって,最も高精度の「1:10m」と,「1:50m」,「1:110m」などの下層の精度のものが用意されている。それぞれのデータについて,人文環境要素と,自然環境要素が用意されているが,たとえば「1:10m」の精度の人文環境要素(Cultural Vectors)の中にある,railroadとroadのshapefileをMANDARAで読み込んで,一旦描画したものをkml形式で保存すると,このようなGoogleEarth形式のマップが作図できる。図の中にある赤線が鉄道,白線が道路である。それを読み取ると,道路網がシベリアやオーストラリア内陸部で普及していないこと,鉄道網が「偏在」していることなどが読み取れる。こうして作図したマップは,「交通」の学習などにも有用であると考える。
NaturalEarth の鉄道・道路のshapefileを使おう
スポンサーサイト

<<  | ホーム |  >>

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


まとめ