地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.10.28 人口減少地図で「地域づくりに課題をかかえる地域」を

このインタラクティブマップは,日本経済新聞が2014年に公式サイトで公開したものである。2014年当時,民間のシンクタンク「日本創成会議」が,2040年には日本の自治体の約半数が存続不能になる「消滅可能性都市」であると発表したが,その特集記事とともに公開されたものである。日本創成会議が「消滅可能性都市」として定義したのは,2040年までの間に20歳~30歳の若年女性の人口増減が50%以上の減少になる自治体であったが,このインタラクティブマップでは画面右上の選択メニューで,2040年時点での「若年女性人口率」,「2010年~2014年の人口増減」をコロプレスマップで表示せることができる。また「小学校数」と「医療機関数」を色分け地図で表示させることができる。2014年当時,2040年の若年女性の人口減少率が-89.9%の群馬県南牧村が消滅可能性日本一として話題にされたが,日本全体を俯瞰して地図をみると日本の大半の地域に消滅可能性があることがわかる。東京都内の自治体も例外ではない。少子化対策ももちろん必要だが,地図をみていると,それと同時に人口減少を前提とした持続可能社会を模索する努力もしてしかなければならないのではないかと考えさせられていまう。
1.jpg
人口減少地図(日本経済新聞)
スポンサーサイト

<<  | ホーム |  >>

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。