地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.11.07 埼玉県公式サイト・統計情報館の「昼夜人口見える化ツール」がすごい

「昼夜人口見える化ツール」は,埼玉県公式サイト・統計情報館のページから入手できる,全国の自治体ごとの昼間人口・夜間人口を調べるためのエクセルコンテンツである。コンテンツをダウンロードして,1枚目のシートにある手順に従って,市町村の指定をすれば,全国どこの市町村であっても昼夜間人口の実態(平成22年度国政調査の結果に基づく)が細かなデータ,グラフとともに別シートに表示される。たとえばこれで私の家のある前橋市と近隣の高崎市をみると,前橋市の昼夜間人口率は104.5%,高崎市が102.9%である。高崎市のほうが前橋市よりも交通アクセスもよく昼夜間人口率は高いのかと考えていたが,意外と前橋市のほうが高い。これは県庁所在地だからだろうか。・・・・そんな身近な地域の分析に手軽に使えるコンテンツである。
1.jpg
埼玉県公式サイト・統計情報館の「昼夜人口見える化ツール」
スポンサーサイト

<<  | ホーム |  >>

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。