地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.6.25 ScapeToadでカルトグラムを作る場合の課題

またScapeToadでカルトグラム作りをした。ベースマップはNaturalearthのデータを使い,統計はFaostatの2014年の国別小麦生産量のデータを使ってカルトグラムを作ってみた。しかし,できたカルトグラムをみてみると,「こんなところに小麦生産が盛んな国があるのか」という,違和感のあるものだった。ただよく見ると,フランスの植民地のあたり,ニューカレドニア,アムテスルダム島,フランス領ギアナ,アメリカ合衆国の保護領であるプエルトリコのあたりも面積が大きくなっているようだ。カルトグラムではこうした属領のような場所の扱いは課題である。なお南米下の面積が大きくなっている所は,どこだろうか。そこだけが「謎」である。
小麦
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。