地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-521 アメリカ農業をとりかこむ人文環境-交通インフラとしての「河川と港」(GE地図)



まずアメリカの企業的穀物農業の産物の輸送にかかわって,水運において重要なのは,河川と港である。港のgisデータについては,Nationalatlas.govというサイトからの「Transportation」という項目から「portsx010g.shp.tar.gz」という圧縮形式のshapefileを入手する。そしてそれをMANDARAで読み込んで,GoogleEarth形式のマップをつくる。同様にバルークGeoportal米国ESRIデータのサイトから入手した「rivers」という圧縮形式のshapefileからMANDARAでGoogleEarth形式のマップをつくる。さらにesri社のArcGISサイトで入手できる州境界データからMANDARAでGoogleEarth形式のマップをつくる。最後にされを重ねれば,河川,州境界,港のレイヤ重なったGE地図が完成である。
MANDARAを利用する

バルークGeoportal米国ESRIデータのサイトを利用する

Nationalatlas.govのサイトを利用する

esri社のArcGISサイトで州境shapefileを入手する
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。