地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-465 地誌の導入場面で「都市の灯り」を活用する⑤



また「夜の地球:DMSP衛星による地球の夜景データ(1992年~2010年:Google Maps版)」というページでは,2010年の単年度の画像だけではなく,過去数年間の画像も表示できる。したがって,たとえば1992年と2010年の画像をハードコピーしたものを,Word文書などに上下並べてペーストしたものを生徒に提示し,「どんな変化がある?」「どうして,そんな変化が起こったのか」といったことを考えさせることもできる。gisマップを使った新旧比較の読み取りである。年次による画像処理のレベルの違いもあるので,「大きな変化」の読み取りしかさせられないが,グループワークなどを入れることで,生徒からは,「東ヨーロッパが白い所が広くなっている」「スペインの首都の周辺やフランスは1992年でも2010年でも,暗い所が多い」といった様々な意見が引き出せると考える。・・・こうしたフクティビティをさせることで,「中心地域と周辺地域に分かれるヨーロッパ」とか,「それを克服するためのEU」という地誌本編への流れがスムーズになる。
夜の地球:DMSP衛星による地球の夜景データ(1992年~2010年:Google Maps版)
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。