地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-462 ヨーロッパ地誌-GEで簡単な国名確認アクティビィティに使えるファイルを作る④



国名のソートが終わったExcel表ができたら,左側の通し番号と国名以外のデータは必要に応じて削除する。そして地図帳などに表示されているヨーロッパの国名に該当する項目の右横の列に,数字を入れていく。EU加盟国は「1」,EFTA加盟国は「2」,それ以外は「3」という数字を入れる。そして,その作業が終了したら,きほどのMANDARAの属性データ編集」の画面にそれらをすべてコピーしたものをペーストする。そして画面右上の「OK」ボタンをクリックする。
地理情報分析支援システム MANDARAフリーGISソフト

thematicmapping.orgの「TM_WORLD_BORDERS-0.3.zip (3,380 kB)」を直接入手する

GoogleEarthの最新版をインストールする

GEOLINKの自作コンテンツ→ヨーロッパの地誌→3.国の名前と位置を確認する(GoogleEarth)
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。