地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-413 Geography of Race in the U.Sでアメリカ主要都市の人種分布をとらえる①



アメリカのミシガン大学の哲学科の教授Elizabeth Anderson氏と,Jeffrey Jones氏が運営している英文サイトで「The Geography of Race in the U.S」というサイトがある。最終更新が2002年というサイトで少しデータの古さはあるものの,ここではアメリカの主要都市におけるアジア系住民・白人・黒人・ヒスパニックの分布,さらには地区ごとの所得分布が容易に確認でき,依然としてアメリカ国内では人種による居住空間の違いと,収入の違いがあることが,インタラクティブ形式(対話形式)の地図で,視覚的に理解させてくれる。高校地理の教材としては,都市問題,人種問題の教材として有用である。利用にあたっては,まず下のリンクから関連ページにアクセスする。するとこのブログのような画面が表示される。
Geography of Race in the U.Sでアメリカ主要都市の人種分布をとらえる
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。