地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-396 紙地図との対比のために「地図太郎」に必要なラインを描く①



なお可能であれば,「枠線」の描画とほぼ同様の流れで,地図太郎の地図と,生徒がもっている紙地図の「同定」に役立つような「ライン」を描画しておくのもよい。つまり「ライン」の描画では,まず背景地図を描画しておいた上で,画面左上の「ファイル」をクリック→「編集レイヤを新規作成」を選んでクリック→「ユーザレイヤの作成」という小ウィンドウを表示させる。そしてそこの「データの種類」で「線」を選択し,「レイヤの名称」に「任意の名前」を入力,「OK」ボタンをクリックする。すると描画が可能となる。描画モードになったら,あとは自分が引きたいラインにそって,マウスでカチカチとポイントを打ってていけばよい。ようするにトレース作業である。あとの線種や線の色の選択,ラインの保存方法については,「枠線」のときと同じである。なおラインについては,「面」よりも線種が豊富で,JR線のような線や破線なども用意されている。たとえばこのブログにあるのは,そうした方法で描画した「市境」である。
地図太郎
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。