地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-321 WRI(世界資源研究所)の公式サイトで水産関連データを入手する①



天然資源・環境問題を研究し,政策提言もしているアメリカのシンク-タンクであるWRI(世界資源研究所)の公式サイトでは,水産資源についての統計データをCSV形式(Excelと同様の扱いができる)でダウンロードできるサービスを提供している。一次資料の公表元であるFAOでもデータの検索サービスがあるが,私はWRIから入手したデータの方がエクセルによる加工がしやすく,使いやすいと考える。まず活用にあたっては下のリンクからページにアクセスする。そして英文サイトなので,扱いやすくするためにGoogle翻訳などによってサイト全体を翻訳してしまう。そしてそのページの中から自分がデータを入手したい項目を選んで,クリックする。たとえば,世界の海洋部分での漁獲高のデータがほしい場合は,「漁業生産合計(養殖、キャプチャ):海洋生産」という項目を選択する(Fishery Production Totals (aquaculture and capture): Marine productionです)。
WRI(世界資源研究所)の公式サイトで水産関連データを入手する

FAOの水産データ検索ページ「Global Capture Production 1950-2009」
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。