地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-504 アメリカ農業センサス2007のshapefileを活用する22



 そしてここからがIllustratorの出番である。
 作業でままず,さきほど保存した拡張メタファイルをIllustratorで読み込む。そして,すべての画像が表示されたところで,全体を指定して,「グループ解除」,「クリッピングマスク解除」を行う。
 そのあとは,かさなっている州境地図と農業地域の図をひきはがし,それぞれ別々のレイヤに治めなければならない。これについては州境地図の凡例になっている黒ベタの■を選択し,Illustratorの「選択」→「共通」→「カラー塗り」とクリックすると,州境地図だけが選択される。それを切り取って,新規レイヤの中にペーストしていく。それで完了である。あとは州境の線のサイズを適当な太さに設定ればよい。農業地域を,カラーのパターンにしたのは,この州境地図の引きはがしをスムーズにするためである。なおこの作業で,農業地域の地図はカラーである必要がなくなるので,編集→カラー→グレースケールに変換で一気に,グレースケールに変えてしまう。
MANDARAを利用する

Nationalatlas.govのサイトを利用する

esri社のArcGISサイトで州境shapefileを入手する
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。