地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-504 アメリカ農業センサス2007のshapefileを活用する⑲



 そしてMANDARAでShapfileが全て読み込まれた所で,MANDARA設定画面上の「対象レイヤ」の▼をクリックして,2つのShapfileの名前が出てくることを確認する。
 そうしたら・・・・すごく面倒であるが・・・まず▼を操作して,agcensp020.shpの画面にして,農業地域の地図を作った時の「設定」を改めて行う。たとえば小麦では「属性ラベルM172_07」の設定,境界値の設定もすべてやり直す。このあとのIllustratorでの作業の関係で,パターン設定はカラーにしておく。そしてそれが完了したら,そのすぐ右にある「重ね合わせセット」ボタンをクリックする。「重ね合わせデータセット1にセットしました」との表示が出たら,引き続き▼の操作で,states.shpの画面にして,属性ラベルを「states name」にする。この時,パターンの設定では「すべての州が黒とか同一色となる設定」をする。そしてそれが終わったら,すぐ右にある「重ね合わせセット」ボタンをクリックする。
 これで2つのShapfile地図の重ね合わ設定が終了である。
 続いてはMANDARA画面の上にある「重ね合わせ表示」というタブをクリックする。
MANDARAを利用する

Nationalatlas.govのサイトを利用する

esri社のArcGISサイトで州境shapefileを入手する
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。