地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2-256 Skylines & Scrapersで世界の魔天楼の資料を入手する②



また「One Century of Skyscrapers」というページでは,1880年代から現在までに建造された超高層建築について,横軸を建造年,縦軸を高さとする座標にドットでプロットしたグラフが掲載されているが,年代の推移とともに超高層建築の高さが増していく様子がありありと分かる。なおこのグラフでは,超高層建築が,アジア,北アメリカ,ヨーロッパ,南アジアと東南アジアなどのどの地域に属するのかといったことが分かるようになっている。このグラフをそれぞれの見ると,それぞれ年代において経済的に発展していた地域が,超高層建築の建造数と高層化の傾向において卓越いていることが明確である。都市の高層化が経済の発展と並行して進むものであるということがよくわかる。大変面白いグラフである。
The World's Tallest Buildingsで世界の魔天楼の資料を入手する
スポンサーサイト

■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。