地理と地図が好きなすべての人の情報共有の場です

地理屋にできること

2017.6.19世界のすべての国の人口ピラミッドが作れるコンテンツの修正版を作りました

以前,GEOLINKに国連人口統計を使って人口ピラミッドを作れるコンテンツをアップしたが,今回,1950年~2015年までの5年おきの全データを使った作成コンテツに改良するとともに,いろいろあったエラー・バグを修正しました。以前のものは忙しく作ったものだったので,問題点に気付かずアップしていました。・・・いまさらながらはずかしい限りです。すみません。ついては本日アップしたものを差し替え版としてご利用くださ...

続きを読む


2017.6.15世界銀行統計を使ってQGIS地図を作る

私は,グローバル化や地球規模の諸課題を授業で取り上げていく上では,グローバルスケールの統計地図をもっと生徒に考察させるべきだと考えてするるそんな考えから以前,GISビギナー向けに「世界銀行統計を使ってMANDARA地図を作るための支援コンテンツ」を作成し,そのトリセツをGEOLINKの地理屋のスキルブック上で公開した。またさらにそれを副次的に利用することで,「世界銀行統計を使って地図太郎地図をつく...

続きを読む


2017.5.12「5都市の雨温図・ハイサーグラフ・年較差を比較するコンテンツ(世界編)」作りました

授業で「地理の模擬試験の過去問」を解いているとき,よく4つの都市の雨温図・ハイサーグラフ・年較差を比較させる問題がでてくる。多くは4つの都市のうち2つ以上が同じ気候で,隔海度,緯度,年較差,(標高)から,違いを見分けさせてということが多い。中国では中緯度と低緯度にあるCw気候の違いを問う問題が,生徒からすると大変わかりにくいようである。低緯度のクンミンなどは標高が高いということもあるが,緯度が回帰線...

続きを読む


2017.5.11J-SHISのシェイプファイルをMANDARAで加工する

国立研究開発法人 防災科学技術研究所のサイト「J-SHIS地震ハザードステーション」では「J-SHISからダウンロードできるデータ」というページがあり,ここでは確率論的な「地震動予測地図データ」をshapefile形式で入手できる。shapefile形式であればMANDARA,QGIS,地図太郎など汎用GISソフトでも処理できるため,地震ハザードマップを自作することもできる。高校地理では今,防災学習において有...

続きを読む


2017.5.11J-SHISの地図をGoogle Earthで見る

国立研究開発法人 防災科学技術研究所のサイトで,「J-SHIS地震ハザードステーション」というサイトがある。この中には,「J-SHISの地図をGoogle Earthで見てみよう」というページがあり,GoogleEarth形式(kml形式)の有用なコンテンツがいくつか公開されている。残念ながらそれらは,オンライン環境でないと使えないが,その環境があれば,GISビギナーでも利用可能な単純なコンテンツである。とくにブログの左...

続きを読む


■ アクセスポイント

■ 検索フォーム

■ プロフィール

Tanaka Takashi

Author:Tanaka Takashi
群馬県立桐生女子高校で地理屋をしている田中隆志です。ここは地理と地図の好きな人たちのための情報提供の場です。

■ 地球の公転距離


get blogparts

■ FC2カウンター

■ カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


まとめ